田七人参100%粉末の卸通販

  • 有機春七
  • 根と田七花
  • 姿で仕入れる
  • 「珠」に込めた
  • 最短当日出荷 ていねい自社梱包

全国一律送料540円
5,400円以上で送料無料
出荷カレンダー

田七人参 珠田七(有機JAS) 1ヶ月分 30g 2,532円 (税込)
買いものカゴに入れる

田七人参とは

田七人参(デンシチニンジン)は、三七(サンシチ)、
三七人参と呼ばれ、ベトナム国境に近い中国の雲南や広東省原産のウコギ科ニンジン属の多年生植物、
高麗人参などの始祖とされる最古の人参と言われています。
田七人参は「金不換(お金に換えがたい)」と呼ばれる三大漢方のひとつ、
中国では「片仔廣」「雲南白薬」の主成分として、また活血と止血を併せ持つ上品の理血剤として知られています。
田七人参の品位には、頭数(大きさ)という基準が古くからございますが、
現代の農業においては成長促進剤などの使用により、
頭数(大きさ)規格そのものが形骸化している側面もございます。
そのため漢方素材の卸業として、
田七人参の選定には頭数以外の指標が重要と考えます。

土壌菌との共生で生まれる田七人参の代謝物

昔から田七人参は、頭数(大きさ)で格付けされてきました。
「頭数」とは500g(1斤)中、何個で500gになるかを計算します。
25頭は「25個で500g」、40頭は「40個で500g」、
頭数が少ないほど大きくて重い上質の田七人参として取り引きされています。
しかし、頭数と成分の関係性には根拠がございません。
事実、成長した40頭以上の良品クラスであれば、田七サポニンの(Rb1、Rg1)の含有量に違いはないためです。
果物にたとえれば、大きいものが必ずしも糖度が高いわけではないのと同じです。
それよりも土壌菌の違いの方が品質に顕著です。
なぜなら田七人参は彼ら(有用な土壌菌)との共生により、
サポニン群などの防御成分を生み出すことがわかっているためです。
 
頭数の指標から、土壌菌というミクロ世界へ。
健全な土壌が豊かな根圏という生態系を育み、その菌根菌との共生により田七人参は生命力を宿すのです。
田七人参×根圏が生み出す代謝物(成分)の総体は、約6000種余りにのぼると推定されています。
田七人参というだけでなく「何を基準に」その選定力が漢方原料の卸問屋です。

土壌再考

田七人参は土壌が特有の赤土で湿度の高い、
標高1,000メートル以上の亜熱帯高山地帯でないと生育しません。
この土壌と気候条件を最も満たす地域が、田七人参の主産地として有名な
ベトナムやラオス国境の雲南省文山県です。
文山県ではその特産として、多くの農家が田七人参の栽培に取り組んでいますが、
ゑびやの田七人参(珠田七)の栽培地は、
文山県の一般的な栽培地よりも海抜の高い、標高1,800~2,000メートルの山岳高地が参場です。
温暖化による平均気温の上昇と降水量の減少により、最適な栽培環境の標高が高くなっているためです。
気候変動による変化は気温や降水量だけではありません。
田七人参が育つ参場の土、その土壌菌の生態系にも影響が及び、
根腐れを誘発する病細菌(カイストバクターなど)の存在率が高くなることがわかっています。
農薬や化学肥料、成長剤の使用という悪循環に陥らないためにも、
土壌環境の再考は健全な田七人参栽培の一歩となります。

原産地の土壌と環境適正により、
根圏に有用微生物群の生態系が形成され、病害に強い田七人参が育まれます。
山岳高地の気候と緩やかな傾斜より湧き出す地下水、固有種を育む特有の赤土を選定し、
有機JAS認定の無農薬栽培がスタートするのです。

品質規格をご提示しています

品名:田七人参 珠田七(有機JAS)
産地:雲南省文山県
形状:造粒原末(滅菌済)

※サプリメント加工前の100%無添加原末、
田七人参以外一切含みません。

  • 有機JAS認定農場で栽培
  • 無農薬栽培、化学肥料未使用、安全性の検査済み
  • 田七サポニン総量 10%

個人のお客様にも、原料をそのまま

原料問屋ゑびやでは、田七人参などの漢方原料を
年間延べ2万人のお客様に通販、店頭販売させていただいております。
こちらの写真は、弊社ショールームにお越しくださった際、撮影にご協力いただいたものです。
その一部をご紹介、マウスカーソルを写真に合わせると拡大します。

田七人参 珠田七(有機JAS)

根圏の生態系により育まれた田七人参、頭数の指標から土壌菌というミクロ世界へ

漢方卸ゑびやの田七人参の選定は、頭数でも、等級でもありません。
その理由は頭数(大きさ)によるサポニン量に違いはなく、
むしろその偏重は近代農業のリスクと表裏一体であるためです。
さらに言えば特定成分へのこだわりも、近頃は近視眼に過ぎないと考えるようになりました。
なぜなら田七人参はサポニン群だけでなく、数多の代謝物の総体により生命力を宿し、防御力を備え、
その成分の全体性とバランス(陰陽)を以って、本草学は上品としてきたからです。
俯瞰して見えて来たものは、田七人参×根圏が生み出す代謝物の総体でした。
根圏という田七人参の根と共生土壌菌による地下の生態系が、
サポニン群などの防御物質や多種多様な生理活性物質を産生している事実。
だとすれば一物全体食とは、単に田七人参の栄養素を効率良く摂取するというだけでなく、
根圏というミクロの生態系まで丸ごとが一物全体ではないだろうか。

その年の新物をご用意できるのも原料卸の特長です。
「代謝物(成分)の総和」という珠田七の生命力を鮮度と共にお届けするのです。
>造粒末の他、田七根の姿品のご用意もございます

  • 有機春七
  • 根と田七花
  • 姿で仕入れる
  • 「珠」に込めた
  • 高麗人参
  • 田七人参
  • エゾウコギ
  • 紅景天
  • 砂漠人参
  • 冬虫夏草
  • 蚕
  • 蜂の子
  • 黒蟻
  • 水蛭

田七人参 珠田七(有機JAS) 規格変更のお知らせ

田七花(蕾)の有機規格終売に伴い「有機JAS田七人参(根)の使用のみ」となりますことご案内申し上げます

* 使用部位 : 根と蕾 → 根部のみ
* サポニン  : 12%→ 10%前後

※有機JAS田七人参100%の使用および規格に変更ございません

 

開ける/閉じる

田七人参
ご注文はこちら
  • 有機春七
  • 根と田七花
  • 姿で仕入れる
  • 「珠」に込めた想い
ページのトップへ